筑波社工会について

「筑波社工会」とは

「筑波社工会」とは、筑波大学社会工学類の卒業生、および関係大学院の大学院修了生を対象とする、社会工学関係者の同窓会組織です。

社会工学を学ぶことを志した人の集まり」を、目指し活動をしております。

2006年に開催された「社会工学類30周年記念パーティー」を機に、同窓間の親睦を深め、在校生を支援すること等を目的として、発足致しました。

現在、卒業生各期有志代表で構成する幹事会組織を中心に、以下のような活動を実施しています。

活動内容

倉谷賞の運営

「社工30周年記念パーティー」の席上、社会工学類初代学類長の倉谷好郎先生から、「社会工学の教育のために役立てて欲しい」とのご主旨でご寄付を頂き、これに基づき2006年度より、優秀な卒業論文と学業成績を収められた学生に対し「倉谷賞」を授与することが決まりました。

倉谷賞について(社会工学類ページへ)

社工会幹事会では、その運営を行っています。

以下に各年の倉谷賞授与者を紹介いたします。

同窓会員名簿の整備

いっそうの同窓の交流を促すために、同窓生の連絡先の把握に努め、会員名簿の作成を行ってまいります。

同窓生の交流を促すイベントの開催

当会の会員・現役の学生・恩師の方々等々の交流・親睦を深めることを目的とし、年に一回程度、交流イベントを開催します。

例年、前年の倉谷賞受賞者の研究発表、同窓・恩師からの近況報告を行うとともに、世代を超えた交流を目指し、懇親会等開催しています。

幹事

上記活動の運営のため、社会工学類の同窓生有志により幹事団を組織しております。

大学との密な連携を行うこと目的とし、社会工学類の現役の先生方にも教員幹事としてオブザーバー的な形で幹事団にご協力頂いております。

幹事団


当会へのご要望・ご意見がございましたら、下記メールアドレスまでお知らせください。
メールアドレス:info@tsukuba-shakokai.org